Bookstand
Bookstand
成瀬は天下を取りにいく

成瀬は天下を取りにいく

宮島 未奈

新潮社

Amazonで詳細を見る

作品紹介、あらすじ

「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」中2の夏休み、幼馴染の成瀬がまた変なことを言い出したー。新潮社主催新人賞で史上初の三冠に輝いた、圧巻のデビュー作!

感想やレビュー

宮島未奈「成瀬は天下を取りにいく」読了。 王様のブランチで紹介されてた本。テレビで紹介されると途端に買う気失せる天邪鬼気質&ハードカバーは買わない主義の2つを押しのけてまで読んでみたいと思ってしまったやつ。初めて読む作家さん。最終的に買うのを決めたのは最初の1行。 「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」 掴みはバッチリだ。途中でM-1に挑戦する場面も描かれるので、やはりこの作者さんも掴みをわかってるのであろう。しっかり掴まれてしまった。 冒頭は成瀬を見守る幼馴染み島崎の目線で成瀬の生き様が語られる。この島崎がまたなんかいいのである。島崎と同じように成瀬の生涯を見守っていたいと言う気持ちになる。 そう思ってしまうほど、 成瀬が実に魅力的なのである。 「200歳まで生きる」とか「M-1に出る」とか突拍子もないことを言うのだが、実に大真面目なのである。 成瀬はいう 「いろんな種を蒔けば、ひとつでも花が咲くかもしれない」。 島崎はいう「それはホラ吹きである」 でもそのホラの行く末を見たくなっちゃうんだよね。わかるよ島崎。 話は島崎からの視点だけではなく、 いくつかの視点で語られる。 文体が軽快でリズム良く読めるので、 ほぼ一気に読み終わってしまった。 ひとつのいい映画を見終えた感じ。心地よい。

2

んー正直そんな面白くなかったー 成瀬のように自分の思うまま生きてみたいなとも思うが、なかなか無理だろとも思ってまう。

1

「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」 インパクトあるセリフで始まる本書、文庫化になるのが待ち切れず、ついに購入しました(*ノω・*)テヘ 面白かった!成瀬のキャラ自体憎めないが、彼女の周囲の人たち(島崎や大貫など)の存在が、より成瀬というキャラを魅力的にさせていると思いました! ギャグ要素もありサクサク読めるので、普段あまり読書をしない方にもオススメです♪

1

今は取り壊された、滋賀県の西武大津店を背景に、青春ストーリー。 実在する高校名もでてきてリアル感があった。オバちゃんが読んでもホロリとする場面もあり良かったです。

1

本屋大賞の受賞作である本書は、期待通りの面白さ、そして期待以上の読みやすさでした。 我が道を往く成瀬のキャラが絶妙で、程よいギャグ要素と大津市への郷土愛も相まってとても良かったです。 是非200歳まで生きて欲しい!

1

読み終わる頃には、読者は成瀬あかりのファンになってしまっている、恐ろしい小説。 天才肌だけど憎めない成瀬あかり。 この匙加減に作者の力量が光る。 あかりの友人で、自称凡人の島崎みゆきがこれまた良い味を出している。

1

成瀬は全力で生きてて憧れる。 次は何をやってくれるんだろうと楽しみになる。 「たくさん種を撒けば1つでも咲くかもしれない」っていい言葉で、忘れないでいたいなぁと思った。 舞台が膳所で、ちょっと知ってる場所が出てくるのも楽しかった。

主人公 成瀬あかりは幼なじみの島崎みゆきと一緒にM1に出たいと言い出したり(コンビ名 ゼゼカラ)西武大津店の閉店まで1ヵ月間毎日通って見届けると言い出したり、坊主頭にして髪を伸ばす実験をしてみたり、200歳まで生きると言い出したりetc. 周りから何と言われようと、いろんな挑戦を本気で取り組み研究しようとしているところにすごく勇気づけられた😊自分も野球・テニス・百人一首などいろんなチャレンジをしていこうと思っているので、自信を持って突き進んでいいんだ!と感動すら覚えた✨何度も読み返して、成瀬あかり史をたくさん知っていこう🎶続編もすごく楽しみだ😳

ネタバレを読む

成瀬と島崎の本当に漫才のようなボケとツッコミの掛け合いが好き。 変人の成瀬になんやかんやと思いつつ付き合ってしまう島崎の気持ちはわかるし、そして漫才コンビまで結成する彼女の優しさというか、成瀬への信頼も素敵。 だから最初の二編、島崎の一人称で語られていた成瀬とのお話しが好き。西武百貨店の閉店と、ゼゼカラの結成。爽やかじゃないのに、よんでいて楽しい青春小説だった。 最終章で成瀬視点から見た島崎との友情物語はグッと来た。

App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう