Bookstand
Bookstand

ニックネームが設定されていませんさんの感想、レビュー

虐待やネグレクトなどを細かく描いた作品。2024/3/1に映画化されたみたいなので、ぜひ見に行きたい😌主人公 三島貴瑚(キナコ)は過去に虐待を受けた経験があり、落ち込みやすい性格だったが、高校時代の友だちである牧岡美晴・美晴の先輩である岡田安吾(アンさん/トランスジェンダー)・家の修繕をお願いした業者の村中眞帆(まほろ) この3人にたびたび助けられて、少しずつ明るくなっていく。自分もこの人たちのような頼れる存在を見つけられるように頑張りたい💪そして、「人を信じすぎること」も逆に自分の身を滅ぼしかねないことも学んだ。新名主税(ちから)は、貴瑚が就職した工場の専務で、立場的にも接点はないだろうと思っていたが、従業員同士の喧嘩に巻き込まれたことが元で知り合いとなり、その後お付き合いをすることになる。凄く気さくで人当たりが良く、この人なら一緒にいても大丈夫!といろんなところに行って関係を深めたが、心の支えであったアンさんの件をめぐり、憎しみから突然貴瑚に暴言・暴言を浴びせるようになり、人が変わってしまい、トランスジェンダーであるアンさんは人間性の解離に悩み、お風呂の中で自殺してしまった😭自分も人を信じすぎてしまうところがあるので、完全に信じることはせず、少し疑いを持ってこれから生きてみようと思った。タイトルの「52ヘルツのクジラ」は、クジラが出す音の周波数(ヘルツ/Hz)は10~39ヘルツくらいで、仲間とコミュニケーションをとっているが、1匹だけ52ヘルツの音で鳴くクジラが実際におり、この高さが他の仲間には聴こえないため、どんなに辛くても苦しくても誰にも伝わらない😢虐待を受けた貴瑚の心や、飲食店で働く美琴の子どもである52(貴瑚が名付けた)も母である美琴から酷い虐待を受けており、いつしか話すことが怖くなっていた… この2人の心境も周囲の人には届かず、ずっと抱え込んでいることから52ヘルツのクジラだと感じ、イジメを受けていた自分の状況と照らし合わせ、泣きそうになりながら読んでいた😓文庫本でたら買おうかな🙄

ネタバレを読む

ニックネームが設定されていませんさんの最近の感想、レビュー

App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう