Bookstand
Bookstand
ライオンのおやつ

ライオンのおやつ

小川 糸

ポプラ社

Amazonで詳細を見る

作品紹介、あらすじ

人生の最後に食べたいおやつは何ですかー若くして余命を告げられた主人公の雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、本当にしたかったことを考える。ホスピスでは、毎週日曜日、入居者がリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、雫はなかなか選べずにいた。食べて、生きて、この世から旅立つ。すべての人にいつか訪れることをあたたかく描き出す、今が愛おしくなる物語。2020年本屋大賞第2位。

感想やレビュー

悲しくて苦しくて美しくて強くて涙が出た。最期には、死にたくないと思うことさえも受け入れて生を全うする。誰しもがいつか必ず直面する"死"を、醜く美しくリアルに描いている。後半にかけて、現実と空想を行き来する雫と同様に、読者もふわふわと振り回されるような描写が素晴らしかった。死ぬことを自覚してから後悔しないように、自分に正直に、かつ周囲を笑顔にできる生き方がしたいものだ。

人生の終わり方が、こんなふうだったら素晴らしい 最後に住む場所、大事だ 瀬戸内の温暖で穏やかな風景 2010年に初めて行ったときに、感動したのを今でも憶えている そんな風景を思い出しながら読み終えた 大切なものが何か、考えさせられた本

App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう