Bookstand
Bookstand
海の見える理髪店

海の見える理髪店

荻原 浩

集英社

Amazonで詳細を見る

作品紹介、あらすじ

店主の腕に惚れて、有名俳優や政財界の大物が通いつめたという伝説の理髪店。僕はある想いを胸に、予約をいれて海辺の店を訪れるが…「海の見える理髪店」。独自の美意識を押し付ける画家の母から逃れて十六年。弟に促され実家に戻った私が見た母は…「いつか来た道」。人生に訪れる喪失と向き合い、希望を見出す人々を描く全6編。父と息子、母と娘など、儚く愛おしい家族小説集。直木賞受賞作。

感想やレビュー

6つの物語が収録された短編集。いずれも家族がテーマとなっている。なかでも表題作『海の見える理髪店』に打たれた。店主の穏やかな自分語りに浸って読んでいると、突然話が物騒に転換する。しかし終盤、自分語りの延長線上の告白で一気に物語が開ける。最後は涙が一粒こぼれるような終わり方。髪を切るわずか1時間ほどの物語とは思えない。この物語の良さは映像化では表現できないだろうな。小説として頁を捲り、活字を目で追うからこそ、じんわりと感動が味わえる。

ネタバレを読む
App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう